スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

あーーーショック・・・・・・ 

<font size=5>「バスク純血主義」にひっかかるとの理由で</font>
<img src=http://www.geocities.jp/jdapjg/07062904.JPG>
<font size=5>マクア候補が記者会見で明らかに。
さらにホルヘ・ロペスの獲得には全く関心はないと断言。</font>

<img src=http://www.geocities.jp/jdapjg/07062908.JPG>
マクアさん、記者会見にて。かなり凹んでる様子・・・
でもさー、そんなに純血主義に厳格にこだわっていては補強も進まないよね。
多少、拡大解釈があってもいいんでねーの?日本の憲法みたいに・・・

あーーーー・・・とてもショックなニュースが・・・。当選した場合はケパの獲得を目指すとしていたガルシア・マクア候補が急遽記者会見し、「バスク純血主義」に抵触してしまうとの理由からケパの獲得をあきらめたことを明らかにしました。つまりマクア氏は仮に当選しても、ケパを獲得しないことになりました。ケパはマラガ生まれのアンダルシアンですが、母ちゃんがビスカイーノ出身であることから純血主義に抵触することはないとされていました。しかし昨日、ゴンサレス候補が「純血主義が壊れてしまう」と批判。純血主義の厳格な適用をもとめるバスク原理主義者たちにとっては認められないことだったようです。マクア候補もそういう声に抵抗しきれなかったみたい・・・。あーあ。兄貴の代わりに点とれる男登場か!?ってめっちゃ期待してたのに・・・。
マクア候補は会見で次のように語りました。「我々としてはその、それほどのコンセンサスを得ていたわけではないんだが、ケパの獲得狙いの件でいろいろ言われているからね。つまり彼は、アスレティックの哲学(バスク人純血主義)に適合しているのか、と。で、やはり疑義があると言わざるを得ないところがあるために、我々としても彼を獲得候補にしないことをこの度決断した次第だ」。
報道によれば、マクア候補は本気でセビージャ側と接触していたそうで、デルニド会長ともほぼ合意、ケパ本人からもかなり前向きな回答を得ていたらしい。でも実際「彼は厳密にはバスク人じゃねえ」って声がけっこうあったらしいのね。残念・・・。
スポンサーサイト
[ 2007/06/29 21:03 ] さるさる時代の日記分 | トラックバック:(-) | コメント:(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。