スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

スポーツナビ 

<img src=http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/8853/03092.jpg>

<img src=http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/8853/03094.jpg>

<img src=http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/8853/03096.jpg>

スポーツナビに次のような記事が↓

バルサ、課題残す辛勝=ビルバオ−バルセロナ詳細

 バルセロナが開幕戦にビルバオの本拠地サン・マメスで勝利を収めた。11分のコクのゴールを守り切った辛勝だった。

 バルセロナのフランク・ライカールト監督は、プレシーズンを戦ったチームを信頼している。不明だった第1GKの座にはビクトル・バルデスがついた。
 先週、ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督は、バルセロナからボールを奪うことを宣言していた。ビルバオは前半それを100パーセント実行したが、バルセロナにとって幸運なことに、ビルバオのFWはゴールのチャンスを逃し続けた。
 一方、バルセロナは最初のチャンスにゴールを決めた。ファン・ブロンクホルストのフリーキックをコクが頭で合わせた。しかし、このゴールによって試合の流れが変わることはなく、ビルバオがボールを支配し続け、バルセロナは苦しみ続けた。
 前半のビルバオのチャンスは、19分エスケーロ、19分、24分のエチェベリアと3回。バルセロナは25分にシャビのシュートがわずかに外れ、26分クアレスマのシュートは相手GKに止められた。

 後半はさらにビルバオが圧倒し続けた。決定的なチャンスはなかったが、ボールも得点機もビルバオ側にあった。試合はビルバオのものとだれもが感じたまま、時間だけがたっていった。バルセロナはボールを自陣から遠ざけることに専念するだけだった。
 だが、ビルバオは圧倒し続けたにもかかわらず、決定機を作り出すには至らなかった。逆に、試合終了間際、クアレスマがロナウジーニョのアシストを決めていてれば、バルセロナは試合を決めていた。
 このまま試合終了。バルセロナは苦しみながら勝利を収めた。勝つには勝ったが、課題を多く残した試合だった。
スポンサーサイト
[ 2003/08/31 23:48 ] さるさる時代の日記分 | トラックバック:(-) | コメント:(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。